現在サイト制作、随時更新中!サラリーマンサンデーボーダーのスノーボードとキャンプの話

スノボウェアのインナーにヒートテック着ていませんか?

 出典https://conexions.org/archives/8447

結構永遠のテーマではありますが、皆さんはスノーボードをするとき、ウェアの下は一体何を着ているのでしょうか。

やはり多いのが、ユニクロのヒートテック着てます!って人じゃないでしょうか。
今や一家に一枚はあるんじゃないかという程の販売枚数です。
実際僕の回りにもヒートテックを着ている人はいます。しかし、問題はヒートテックが一番良いのか?と言う所なんです。
まずはヒートテックの仕組みを理解しましょう。

ヒートテックの繊維は人から出る汗や水蒸気を利用して熱に変換します。繊維の中から発熱して温めるという構造です。詳しくはこちら

では本当にスノボをするときにヒートテックでいいのかを考えていきたいと思います。

スノボのインナーにヒートテックでいいの?

ユニクロのヒートテックでいいの?

uniqulo01

スノボの時にヒートテックを着ると、動いてる中で汗をかき発熱して暖かくなるという点では良いと思います。

しかしです、スノボのようにスポーツをしている時は
「汗を吸収して暖かくなる」→「暖かいので更に発汗」→「通気と乾燥が追いつかなくて生地が汗によって冷たくなる」。。。

結果、汗冷えに繋がるのです。一概にヒートテックがよくないと言ってるのでは無く、汗をかきやすい人にヒートテックは、おすすめしませんということです。
冷え性でスノーボードをしてても汗をかかないって女性はいます。
貼るホッカイロを使ってスノボを楽しむ人もいます。
ゲレンデに行っても終始滑ってるわけでもない人も居たりしますよね、そういう人には買い求めやすいヒートテックで問題無いのかもしれませんという話です。

本気で滑りたい!一日滑っていたい!って人は?

では、がっちり滑りたい!って人にヒートテックはオススメ出来るのかと言われればできません。
私自身も昔は、ヒートテックを着ていました。しかも上下。。。動いてると暑くなってきて、汗をかきウェアの中はサウナ状態で気づいたら汗のせいで「寒い!!!」リフトなんて乗ってたら極寒です。

先程も言った通り「汗を吸収して暖かくなる」→「暖かいので更に発汗」→「通気と乾燥が追いつかなくて生地が汗により冷たくなる」。。。結果、汗冷えに繋がるという事でインナー(ファーストレイヤー)は、汗をかいてもさらさらの状態を保てる速乾性の高いものを選ぶ事をオススメします!!!

ヒートテックに代わるおススメは?

個人的にスノーボードの時におススメしたいインナー・ファーストレイヤーは
以下の2点

▼BURTONバートンのMIDWEIGHT CREW

▼mont-bellモンベル ジオラインミドルウエイト

どちらも実際に使って良いと思ったのでおススメさせていただきました。紹介した2点はどちらも共通して汗をかいてもさらさらだという点!
使えばわかりますが最高です

ヒートテックのおすすめ活用法!

私自信もヒートテックはもちろん持っております。スノボの時には使っていませんが、スノボ旅行の時は必ず持っていきます!いつ使うのかというと、部屋着として使います。スノボ宿泊旅行なんかの時に部屋着としてヒートテックを使うのです。宿代を削ってボロ宿に宿泊したりすると寒かったりするのでそういう時にヒートテックは活躍できると思います、しかも寝るときに来てるとかなり暖かい気がするのでおススメです。

番外編/ウェアの下にスウェット上下着てる人いません?

これ一番やばいです…

ジャージならまだしも、ウェアの下にスウェットパンツ履いてますって人を見たことがあって、スウェットパンツって温かいですけど、どう考えても動きづらいし、濡れたら乾きづらいですよね。洗濯回して中々乾きずらいのってスウェットですよね?転んだりしてスウェットが濡れたらカナリ冷たくなる事が当然のように予想されます。これは本当にオススメできませんので気を付けましょう。

じゃあ何着たら良いの?どうすればいいの?って人にはこちらの記事をおススメします。

関連記事

まず初めに、スノーボードをする人なら皆が気にするべきウェアのファーストレイヤーは何が良いのという問題。スノーボードを始める時にまずぶち当たる壁が「寒くてスノーボードが嫌」になるという事じゃないでしょうか。そこで少しでも快適にスノーボードを[…]

最後に

私の持論ですが、温かい物も良いのですが汗をかいてもサラサラで通常の肌感を保てるインナーを選ぶべきなのです。最近の流行りでもあるバックカントリー等では滑り始めの目的地迄ハイクアップ(雪山を歩くこと)する場合があります。私自身も経験がありますがハイクアップしてる時は滑ってる時以上に暑くなり、汗をかきます。ですのでインナーの重要性が高くなって来るのです。そこで汗冷えを起こすと冷たくてパフォーマンスの低下にもつながりますし、風邪ひきます。ましてや山の天気は変わりやすく、さっきまで日が出て暑くて汗をかいてたのに、少し曇ってきて風も出てきたなんて事になると大変な事態です。経験者の人は当然着替えを持って行ったりするので対処出来るでしょうが、まだ経験が浅い人は、自分自身が苦しむ事になりますので是非インナーにも気を使って貰いたいなと思っております。
ではでは

サイトに関係無い事までつぶやきます